特徴2

特徴2

赤外線を和らげる効果
太陽光の赤外線は人体に無害であり、熱さの源である。日光は【HOII】の最先端光学の生地を通過した(赤 R、黄 Y、緑 G、青 B)後、赤外線の量は低下しており最先端光学が赤外線を調節したと言えるのではないだろうか(以下の図通り、赤外線波長は 700nm 以上)。赤外線が和らいだこと、さらには紫外線を抑えたことで温度が低下するので、【HOII】の製品を身に着けると、清涼感が得られる。

また、赤外線の穏和は【HOII】における最先端光学の生地の特殊な効能の一つである。参考資料:紫外線の遮断(図の通り、紫外線波長は 400nm 以下)と可視光の放出(図の通り、可視光波長は 400nm-700nm)

太陽光の波長とエネルギーの分布図(紫外線の図表で表示)及び最先端光学の生地を通過した陽射しの(紅(R)、黃(Y)、緑(G)、青(B))波長エネルギーの分布図。

  • BRAND
  • NEWS
  • USE
  • PRODUCT
  • DECLARATION
  • EVENT
  • CONTACT US